ローカーボダイエット最新の記事

ローカーボダイエットとは

ローカーボダイエットとは、日本語に直せば「低炭水化物ダイエット」のことです。ローカーボダイエットは、アトキンス博士が1970年代に自分のために編み出したという「たんぱく質の摂取を高め、炭水化物の摂取をできるだけ削除する」というダイエット方法です。

そのしくみは体内中の糖質を低くすることによって脂肪分解が促進されるという考えの下に食生活から体質を脂肪分解しやすい体質に変えていくという理論です。

以後このダイエット方法はアトキンスダイエットと呼ばれるようになり、世界的に有名になりました。

アメリカではアトキンスダイエットはもとより、常日頃の食生活で炭水化物の摂取量に気を使い普段の食事から「ローカーボダイエット」という言葉が頻繁に使われ、一種あたりまえの健康的なの食事方法となりつつあります。

 

 コエンザイムQ10  カードローン地獄  株について

ローカーボダイエットについて

ローカーボダイエットの考え方とは、余分な糖質の摂取は体脂肪の合成を助けるとい点に基づいています。エネルギーになりやすい糖質を制限し、エネルギーとして消費されにくい脂肪を制限せずに空腹時に摂取することにより、消費されやすい糖質のかわりに体内の余分な脂肪が分解されてエネルギーに使われます。
カテゴリー
更新履歴
ローカーボダイエットとは(2009年10月23日)
炭水化物の太る原因はデンプン(2009年10月23日)
ローカーボダイエットの考え方(2009年10月23日)
炭水化物を減らすとなぜ痩せるか(2009年10月23日)