Top > 炭水化物の太る原因はデンプン

炭水化物の太る原因はデンプン

なぜローカーボ(低炭水化物)がよいのか。「甘いモノは太る」ということは、みんなが知っていますよね。"甘いモノ"とは"糖"のことです。その糖の中で"ブドウ糖"だけが"インスリン"という物質の助けを借りて筋肉に栄養(カロリー)を供給します。そして使われずに余った栄養(カロリー)は、体脂肪(皮下脂肪・筋肉内脂肪・内臓脂肪・血液脂肪)としてためてしまうのです。

もちろん、体脂肪をため込むということは「太る」とか「肥満」ということです。このやっかいなことをしてくれる糖は砂糖だけに含まれているモノではありません。なんとデンプンが消化されても糖になってしまうのです。一番肥満になり易いのはいわゆる炭水化物です。炭水化物は食物繊維(水溶性及び難水溶性がある)とデンプンから出来ており、この中のデンプンのみを減らせばよいのです。

とはいえ、デンプンだけ摂取しないわけには行きませんから、やはり穀類などの炭水化物を食べなければよいわけです。

 

 ツモリチサトの靴  代々木ゼミナールの講師  円形脱毛症について
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ローカーボダイエットとは(2009年10月23日)
炭水化物の太る原因はデンプン(2009年10月23日)
ローカーボダイエットの考え方(2009年10月23日)
炭水化物を減らすとなぜ痩せるか(2009年10月23日)